创意小商品

义乌小商品创意海报

2020/02/27

 ソニー(6758)は売り先行で4営業日続落。2019年12月4日以来およそ3カ月ぶりに7000円台を割り込んでおり、午前9時23分時点では前日比176円(2.5%)安の6979円で取引されている。
 新型コロナウイルスの世界的感染がさらに広がり、半導体やゲーム機などの需要とサプライチェーン(供給網)両面への悪影響が引き続き懸念されている。今年1月14日につけた18年半ぶり高値(8113円)からの下落率は約14%に拡大してきたが外国人投資家主体の手じまい売りが増えており、これを吸収する投資家は限られている。信用取引で買いついていた個人投資家からも見切り売りが出ているもようで、全般相場に引きずられる形で下値を探る展開となっている。